消防設備士甲種1類試験対策

消防設備の覚書
ボイル・シャルルの法則

消防設備士の資格で切っても切り離せないボイルシャルルの法則について理解を深めたのでまとめてみました。 二つの法則が合わさっている事に注目です ボイルの法則「一定温度で、一定量の気体の 体積Vは圧力 Pに 反比例する。」 […]

続きを読む
消防設備の覚書
スプリンクラー設置個数の算出

実際にスプリンクラーを設置時、面積に対して設置個数を算出する事が必要です。 例えば耐火構造の事務所への設置であればスプリンクラーヘッドは標準型を使用します、水平距離(散水半径)は2.3Mです。 水平距離(散水半径)2.3 […]

続きを読む
消防設備の覚書
スプリンクラーヘッドの水平距離(散水半径)

スプリンクラーヘッドの設置をするときに重要になる設置間隔について勉強してみました。 ヘッド同士が丁度良い塩梅で並ぶことで放水範囲をカバーしあい警戒区域を包括することで しっかり消火できます。 ポイントは対角にあるヘッドと […]

続きを読む
消防設備の覚書
呼水槽と補助高置水槽の配管製図

加圧送水装置を動かすために必要な補助装置について製図してみました。 ちなみに呼水槽の方は水源がポンプよりも上にある時は省略されます。 しかし甲種1類の試験では切っても切り離せなさそうなのでしっかり覚えておきたい項目です。 […]

続きを読む
消防設備の覚書
加圧送水装置周りの配管製図

甲種1類試験の目玉?の製図問題を取り上げてみました。 水槽とポンプ、ポンプと消火栓など、それぞれは管で接続されているわけですが 縦に水を運ぶことになるので水が重力で戻ってこない様に逆止弁や、工事や試験で一時的に水を止めな […]

続きを読む
消防設備の覚書
屋内消火栓設備の規格、性能、機能

屋内消火栓設備には1号消火栓、易操作性1号消火栓、2号消火栓一般型、広範囲型の4種類が存在し、それぞれ性能・機能の違いにより適切な設置が出来る様になっています。 この違いがテストに必ず出るので表にしてまとめてみました。 […]

続きを読む
消防設備の覚書
水噴霧消火設備

水噴霧消火器は、同じ水を撒くタイプのスプリンクラー設備とは差別化されています。 スプリンクラーが雨なら水噴霧消火器は霧雨です、細かな噴霧流で水による冷却作用と空気を遮断する窒息作用の効果を持った消火設備です。 細かな噴霧 […]

続きを読む
消防設備の覚書
送水装置の弁 各種

加圧送水装置(ポンプ)が心臓なら、水を運ぶ血管の役割に当たる送水管、こちらを点検や整備、非常時に水の流れを調整するために必要なものが弁になります。 弁にも色々種類があり、ただただ水をせき止めるだけが弁の役割では無いので種 […]

続きを読む
消防設備の覚書
消火栓設備 ポンプ

消火に必要な水を配置された消火栓やスプリンクラーヘッドへ送る加圧送水装置、通称消火ポンプの構造について勉強したのでまとめてみます。 消火栓に使うポンプのことしか解りませんが、毎分400L程度の水を送水出来るポンプは、内部 […]

続きを読む
消防設備の覚書
屋内消火栓設備の配線

屋内消火栓を設置するにあたり必要なものは水源はもちろんですがポンプ、モーター、発信機、表示灯、ベル、受信機、ポンプ起動盤が電線でつながる事でそれぞれ必要な役割を果足すことで初期消火の対応が出来ます。 モーターの起動とベル […]

続きを読む